after work Lab

好きな事だけをお勉強させていただきまーす

総合受信料導入?崩れたNHKの4K8K放送の未来

はじめに

前回のブログでテレビ放送の縮退について触れさせて頂きました。

heavy-peat.com

 

この記事を書いた時点では、予想してなかったのですが、NHKは2020年8月4日にNHK経営計画(2021-2023年度)(案)で大胆な事業改革を公表しました。

 

この事業計画案を見ると、衛星放送の大幅整理・削減に取り組んで行く内容となってましたので、一部を紹介したいと思います。

 


 

衛星放送の集約

NHK経営計画(2021-2023年度)(案)によると、衛星放送の右波は将来的には1波にする、という衝撃的な計画が書かれてました。

◎衛星波の整理・削減を段階的に実施し、将来的には右旋の1波化に向けて検討を進めます。
〇右旋の3波(BS1・BSP・BS4K)は、コンテンツをより効果的に届ける再設計を計画期間内に行い、公共メディアとしての価値を維持しつつ、2波(4K・2K)への整理・削減を実施します。具体的な実施時期等については、視聴者に対する意識調査等を踏まえて検討を進め、2021年の本計画の議決の際に公表します。将来的には、4Kの普及など変化するメディア環境を見極め、1波への整理・削減に向けてさらなる検討を、在り方の検討にあたっての前提に則って進めます。
〇左旋のBS8Kについては、効率的な番組制作や設備投資の抑制を徹底し、東京オリンピック・パラリンピック後に、在り方に関する検討を進めます。
◎音声波は、2波(AM・FM)への整理・削減に向けた検討を進めます。
〇音声波については、民間放送のAM放送からFM放送への転換の動きや、視聴者の意向などを考慮しつつ、さらなるインターネットの活用を前提に、現在の3波(R1・R2・FM)から2波(AM・FM)への整理・削減に向けた検討を行い、計画期間内に具体案を示します。

 

電波を使った4K8K放送は、膨大な設備投資と左旋問題対策でお金がかかる事業となってます。

 

受信料収入の減少が止まらない現在、4K8K放送へ投資するお金は最大限抑えざるを得ないと言えるでしょう。

 

これは事業計画の予算を見るとはっきり反映されてます。

 

4K8Kスーパーハイビジョン設備の整備

 

年度 2018年 2019年 2020年
金額(億) 202.8 167.7 43.2

 

 

2020年度の4K8Kの設備予算は2018年度に対して79%削減となっており、NHKは4K8Kの衛星放送の優先順位を下げ、積極的に取り組まない、と予算上宣言しています。

 

衛星契約(地上契約含む)は2230円/月で地上契約1260円/月の約1.8倍となってますが、NHKの衛星放送は魅力的なコンテンツも少なく、衛星契約での収益拡大は望めない状況なのです。

 

(注)2020年10月より受信料は約2.7%値下げとなってます。

 

 

総合受信料の導入

 

ところで、事業計画案には気になる説明が盛り込まれてました。

今後の受信料収入は、長期的には減収局面が続くことは避けられないと想定しています。しかし、そうした厳しい経営環境にあっても、NHKは、視聴者・国民のみなさまが求める、多様で質の高い「NHKらしい」充実したコンテンツを、より最適な媒体を通じ、合理的なコストで提供し続けることによって、「受信料の価値の最大化」を図る責務があると考えてます。それを実現するために「波」別の個別番組管理から「ジャンル」別の総合管理への転換を行って「NHKならでは」のコンテンツやサービスに経営資源を最大限集中させ、衛星波の整理・削減を進めます。

 

「NHKならでは」のコンテンツとは、朝ドラ、大河ドラマ、チコちゃんのことを指していると想像しますが、1260円/月の価値があるとは言い難いです。

 

NHKの受信料は月200~300円で十分」と主張している学者もいますが、こちらの方がまともだと感じます。

 

また報道によると、現行のBS・地上波(月額2230円)と地上波(同1260円)に分かれている契約を一本化した上で、割安となる「総合受信料」(仮称)導入案が浮上しているそうです。

news.yahoo.co.jp

 

これについては、BSとセットの視聴者はお得に見えるが、地上波のみの視聴者は一律値上げになるのでは、と疑問の声が上がってます。

 

マジ事実上の値上げになりますね。(笑)

 

これに対する言い訳は、インターネットによる24時間配信サービス提供と4K8Kコンテンツのインターネット配信の充実でしょうか。

 

遠い将来、インターネットを接続できる装置を持っている視聴者からも「総合受信料」を徴収しようという、考えなのでしょう。

 

まとめ

 

NHKは受信料減収と4K8Kの衛星放送というお荷物に苦しめられ、衛星放送は縮退せざるを得ない状況になってます。

 

4K8Kテレビや4K8Kレコーダは衛星放送には期待できないことがはっきりしたので、今後はインターネットに特化した機能の充実化が加速していくと思われます。

 

これから4K8Kテレビを購入する方は、どんなテレビを買っておけば長く楽しめるのか、十分にご検討下さい。

 

♡いいねはこちら

この記事が「面白かった・参考になった」と感じた方は、♡いいねを押して頂けると嬉しいです。

 この記事のツイートを♡いいねする

 

それでは今回の記事はこれでおしまい。